読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザッツ英会話

英語の勉強のことや、ビジネス英語、こども英語、TOEICなど英語全般について

空港の英語アナウンスにずっこけた体験

英語が使われる現場として、私たちの身近にあるものの一つが空港だと思います。日本と海外との玄関口であり、一般人も利用できます。国際線の案内などは、アナウンスでCAさんか誰かがお知らせをしますが、私はセントレアで時間をつぶしていると、聞こえてきた英語にずっこけました。

言っている文法はたぶん正しいのですが、なにしろ発音が酷すぎたのです。これを日本人の訛りだと受け取ってくれたらいいのですが、肝心な重要な情報をきちんと外国の方々は聞きとれただろうかと心配になりました。これなら原稿があるならそこいらの一般人の方がもう少し上手く読めるのではないかと思います。

 

それを聞いて思ったのは、空港職員になるには、さほど英語力は必要ではないのかなということです。私が大学時代、ゼミが一緒だった子はCAになり、いまや世界中を飛び回っていることだと思われますが、必要最低限のTOEICの点数は低かったです。他の技術が重視されたり、訓練をする中でこれから覚えていってもらうというのが狙いなのでしょう。

最低限、仕事では伝えるべき内容が伝わればいいですが、もし世界各国でそれぞれこんなに訛っているとしたら、私たち日本人は各地でその訛り英語に困らされることになるでしょう。母語でない上に訛りにも対応しなくてはならないので、できることならフライトキャンセル等のハプニングは起こってほしくないものです。自分で掲示板を確認するのが一番確かかもしれませんね。