読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザッツ英会話

英語の勉強のことや、ビジネス英語、こども英語、TOEICなど英語全般について

英会話を子どものころからさせておくことについて

英会話を子どものころから慣れ親しませておくと、日本人にありがちな英語アレルギーがなくなります。子どもというのは先入観を一切持ちませんから、日本語でなければダメという観念はまったくありません。存在そのものを真正面から受け入れることができますから、英会話に対しても抵抗がまったくないのです。英会話に対して抵抗がないというのは、子どものころだからこそ持ち得る素晴らしい感覚です。大人になってからではつい「自分には無理」と思い込んでしまいがちですので、そうなる前に英会話を身近に感じておくことはとても大切です。

 

ただ、そのためには両親の助力が必要不可欠です。両親が英会話に対して前向きでなければ子どもはその環境に飛びこまないまま成長するでしょうし、その反対に英会話に対して少しでも前向きだったらその環境を与えるような教育を施します。どちらに傾くかはまさに親次第で、それは子どもが左右できることではないです。そう考えると英会話教育は親の存在がとても大きいとわかりますので、どういう意識を持って子どもに教育させるかが大事になってきます。つまり、家庭環境によって英会話に対するとらえ方もガラリ変わるということです。子どもが自ら英会話に興味を持てばそれに越したことはないですが、それだと偶然に期待することになってしまいます。そうではなくて意識的に興味を向けさせるためには、やはり親がそうなるような環境を作ってあげないとダメなのです。